学生のみなさまへ:「努力する」ということ

Contribution University

何かに取り組む際に、完璧な成果を目指したい気持ちはわかります。そしてその成果が
労せずに得られるのならば、こんなに楽なことはありません。

しかしながら、取り組む前にそれがどの程度大変か(言い換えると、どの程度面倒か)を推量して、自分にはできない、自分には完璧を目指せないと判断すると、途端にこれらの行為がムダなことに思えてきて、何もやらなくなる方がいらっしゃいます。
(もちろんごく一部の方の話ですよ)

ここで重要なのは、「取り組む前にその判断が済んでしまっている」ということでしょう。つまり行動してないわけです。行動しないのであれば、残念ですが私にはどうすることもできません。

もちろん何らかの行動をしている方もいらっしゃいます。
行動そのものは私もきちんと評価すべきだと考えています。ただ、注意すべきは、評価の結果が自身の期待しているものでなかった場合です。

ここで「完璧を目指す」という思いが裏目に出ることがあります。
自身が取り組んだ行動の量(どれだけやったか)と、返ってきた評価を比較して、これ以上取り組んでも完璧を目指せないと判断すると、やる気を失ってしまうことがあるのです。


1 2 3 4

« »