「ゼミナールA」について

Contribution University

この記事は私が教員をしている大学のゼミナール科目についての説明です。

ゼミナール科目は全員必修の半期開講科目であり、それぞれ「ゼミナールA」「ゼミナールB」の二種類があります。その中でここでは「ゼミナールA」について解説します。

「ゼミナールA」の科目概要について

ゼミナールAの科目概要は下記のとおりとなっています。

企業経営、公共政策、マスメディア、社会生活などにおける様々な問題を題材としたテキスト、論説、放送コンテンツを元に自らの考えをまとめたレポート、プレゼンテーションを作成し、相互に質疑応答、議論を行う。

私の担当するゼミナールでは、比較的自由に課題設定ができるように、テーマを特定するようなことはしていません。見方を変えると、課題設定からゼミナールが始まっていると言えます。

ゼミナールでは、課題設定した上で調査し、考えを深めて、自分の意見をまとめ、発表するプロセス自体を学んでいただくことを期待しています。このプロセスは今後、仕事や社会生活の中で必ず役に立つスキルとなります。

課題設定の方法

ゼミナールAの課題設定は各自で行います。すなわちグループワークは想定していません。(ただし参加人数が増え、私の指導が行き届かない場合は数名でチームを構成することもあります)

科目概要では「様々な問題を題材としたテキスト、論説、放送コンテンツ」とありますが、現時点で考えているのは、ある放送コンテンツ(インターネットで視聴可能。30分から1時間ぐらいの視聴時間です)を視聴してもらい、その中からご自身で課題を設定してもらいます。

課題設定の際には、私から適宜アドバイスをしますが、せっかくなので自分がこれまで全く関心のない分野をテーマにして課題設定することをお勧めします。というのは(この科目のレベルや所要時間で)自分が知っているテーマについて調査を行っても、新たな発見や気づきを得ることは難しいからです。

知らなかったことを知る。気づかなかったことに気づく。これがゼミナールAの醍醐味です。臆することなく、チャレンジしていきましょう。

調査方法の検討

課題設定と同時に調査方法を検討しておくとよいでしょう。調査方法についての考え方は、別の記事として書いておきます。

課題が意欲的なものであり、革新的なものであったとしても、それを明らかにする調査方法がなければ、ただの妄想にすぎません。案外、このことに気づかず、後で困っている学生を(いろいろな大学で)多く見てきました。

課題を設定する際に、その課題をどのように解きほぐしていくのかの道筋(調査方法)を意識しながら、テーマを選んでいきましょう。大丈夫、ゼミナールAでは世紀の大発見など誰も期待していません。そういう大発見のネタがあるのならば、それは温存しておいて、将来、博士論文を書くときに使いましょう。

発表について

ゼミナールAでは、調査の結果と考察をレポート、あるいはプレゼンテーションという形で発表します。

現時点では、プレゼンテーションでの発表を予定しています。

方法は次のとおりです。(平成26年3月18日 追記修正)

メンバーであらかじめ時間を決め、Googleハングアウト を使って、リアルタイムにプレゼンテーションを行う。

今期はリアルタイムのプレゼンテーション、ディスカッションにこだわりたいと思います。

ツールについては、別の記事にまとめてあります。

もし、時間の都合で(主に受講者の時差によります)リアルタイムの参加ができなかった場合は、プレゼンテーションやディスカッションを収録したものをYouTubeにアップロードしておきますので(もちろん公開ではなく、メンバー内でのみの閲覧です)、それをご覧いただいて、キャッチアップすることを予定しています。

それでは、頑張っていきましょう。


« »