Contribution

いわゆる雑談に分類される話題や、分類が確定するまで一時的に整理しているカテゴリです。
とは言いつつも、たいていの話題は雑談のようなものなので、多くはこのカテゴリに分類されることになるでしょう。

「ゼミナールA」について

Contribution University

No Image

この記事は私が教員をしている大学のゼミナール科目についての説明です。 ゼミナール科目は全員必修の半期開講科目であり、それぞれ「ゼミナールA」「ゼミナールB」の二種類があります。その中でここでは「ゼミナールA」について解説…

続きを読む

マイナンバーの影響が少し感じられる(気がする)

CIO Contribution

日経BPの井出さんの記事 14年度のマイナンバー政府予算は1000億円、「契約辞退で再入札」はまた起こる? http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20140115/529…

続きを読む

【写真】クリフハンガー、フチ子

Contribution

モスクワ、赤の広場の上空にて。

続きを読む

あけましておめでとうございます。

Administrative Lawyer Book Review CIO Contribution docmaker.net Strategy University

本日より、2014年の仕事がスタートします。 今年も皆様のご活躍をお祈り申し上げます。 私も昨年よりレベルアップした姿を皆様にご覧に入れられるよう、精進してまいります。 #普通の新年のご挨拶です。 #この時間に? そうで…

続きを読む

情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(6)

CIO Contribution

前回の記事「情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(5)」の続きです。 架空の自治体、自治市のお話です。前回は自治市における新たな公募型プロポーザル方式での調達に臨むプランについて書きま…

続きを読む

経験により学んだこと(7)-あの借用書は行政との信頼を損ねやしないか?

Administrative Lawyer Contribution

政治資金規正法に抵触するか否かの問題は別の議論としておきます。私には語るだけの見識を持ち合わせていませんので。 そして借用書の真偽についても、ひとまず別の議論としておきます。そんなのは、現代の技術でいくらでも調べられます…

続きを読む

情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(5)

CIO Contribution

前回の記事「情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(4)」の続きです。 今回は前置きなく、続きを書いておきます。よく判らない方は、前回の記事から続けてお読みください。 提案事項に対する評…

続きを読む

継続的遂行のスキル(7) ? 行政書士に求められるスキル

Administrative Lawyer Contribution

前回の記事「継続的遂行のスキル(6) ? 行政書士に求められるスキル」の続きです。 前回は、情報の非対称性という話題から、行政書士が自身の存在価値を高く見せるためには「自身が保有する情報が質、量ともに高い」ということを知…

続きを読む

経験により学んだこと(6)-赤坂にいる感覚で新橋で洋食を食べるとサイズの違いに戸惑う

Contribution

同じ港区なのに。しかも溜池の交差点を経由すれば、歩けないこともない距離なのに。 最近の私のテーマは、 行ったことのない店に直感だけで入る なのですが、これがなかなか興味深いことになっています。 ここしばらくは無難な選択を…

続きを読む

【写真】コンポジション-アースカラー

Contribution

続きを読む

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >