CIO

私の職業である、CIOやCIO補佐官に関する記事や原稿をここに残しておきます。
これらは将来の研究のシーズとなるものです。特に行政機関におけるCIO補佐官業務は、その特殊性からなかなか知見が残りにくい状況にあります。
行政機関が情報技術を用いてさらにスマート(聡明)になるために頑張っています。
(ご注意:.Works に書いていることは、個人の意見であり、所属する機関の意見を代表するものではありません)

経験により学んだこと(11)-メールのCc: は5名以上になると運用が崩壊する

Administrative Lawyer CIO Contribution Strategy

「5名以上」というのは、私の経験によるものであり、実際には多少の幅があるでしょう。ただ、いずれにしてもある一定数を越えた人数にCc:でメールを送る場合、よほど注意を払わなければ、情報共有という目的での運用は崩壊します。 …

続きを読む

「特許庁ビジョン」をぜひ見てもらいたい(特許庁Webサイトがリニューアルしました)

CIO Contribution

特許庁のWebサイトがリニューアルしました。 http://www.jpo.go.jp/indexj.htm これまでとは比べ物にならないほど、Webサイトが垢抜けたのは、非常に喜ばしい限りです。まぁ、他の省庁や自治体と…

続きを読む

経験により学んだこと(10)-目標管理(MBO)の運用がねじ曲げられていないか

Administrative Lawyer Book Review CIO Contribution Strategy

年度末になり、あちこちの組織では人事異動のシーズンが到来しました。 私は来年度も同じ立場で仕事に従事することが決まったので、ひとまず私の人事異動シーズンは終わっているのですが、行政機関の多くはこれからスタートというところ…

続きを読む

経験により学んだこと(9)-高知県では手板。港区では祝詞。

Administrative Lawyer CIO Contribution

なんのことやら、判らない人もいるでしょう。 行政機関では、会議の議事進行をスムーズに進めるために、開会の宣言などの発言を含む議事の構成をあらかじめ作成して、台本のようにまとめておくことがよくあります。 高知県庁では、これ…

続きを読む

経済産業省が特許の国際化対応に向け法改正、権利化までの期間も10年で半減へ(MONOist)

Administrative Lawyer CIO Contribution

3月11日に「特許法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。 経済産業省のWebサイトにお知らせが掲載されています。 http://www.meti.go.jp/press/2013/03/20140311001…

続きを読む

マイナンバーの影響が少し感じられる(気がする)

CIO Contribution

日経BPの井出さんの記事 14年度のマイナンバー政府予算は1000億円、「契約辞退で再入札」はまた起こる? http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20140115/529…

続きを読む

あけましておめでとうございます。

Administrative Lawyer Book Review CIO Contribution docmaker.net Strategy University

本日より、2014年の仕事がスタートします。 今年も皆様のご活躍をお祈り申し上げます。 私も昨年よりレベルアップした姿を皆様にご覧に入れられるよう、精進してまいります。 #普通の新年のご挨拶です。 #この時間に? そうで…

続きを読む

情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(6)

CIO Contribution

前回の記事「情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(5)」の続きです。 架空の自治体、自治市のお話です。前回は自治市における新たな公募型プロポーザル方式での調達に臨むプランについて書きま…

続きを読む

情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(5)

CIO Contribution

前回の記事「情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(4)」の続きです。 今回は前置きなく、続きを書いておきます。よく判らない方は、前回の記事から続けてお読みください。 提案事項に対する評…

続きを読む

情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(4)

CIO Contribution

前回の記事「情報システム調達:提案公募での業者選定手法はこれまでの呪縛を打ち破れるか(3)」の続きです。 前回までの議論を踏まえて、提案公募(プロポーザル型)調達の事例をお示ししましょう。 意外に知られていませんが、公募…

続きを読む

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >