サニタイザーを使ったファイル無害化

サニタイザーをネットワーク間のファイル受け渡しに使う場合の

考え方についてご紹介します。

他のソリューション(FileZen、Proself)との

組み合わせもできます。

サニタイザーを使ったファイル無害化

サニタイザーをネットワーク間のファイル受け渡しに使う場合の考え方についてご紹介します。

他のソリューション(FileZen、Proself)との組み合わせもできます。

サニタイザーを使ったファイル無害化

サニタイザーをネットワーク間のファイル受け渡しに使う場合の考え方についてご紹介します。

他のソリューション(FileZen、Proself)との組み合わせもできます。

ファイル無害化とは

インターネット経由で受け取った、Word、Excel、PowerPoint、

そして一太郎、PDF、CAD形式のファイルからマルウェアを含む

マクロプログラムを取り除き、

庁内ネットワークに取り込めるようにします。

併せて、PDFファイルも生成し、

安全性を高めた状態で閲覧可能にもします。

ファイル無害化とは

インターネット経由で受け取った、Word、Excel、PowerPoint、

そして一太郎、PDF、CAD形式のファイルからマルウェアを含む

マクロプログラムを取り除き、

庁内ネットワークに取り込めるようにします。

併せて、PDFファイルも生成し、

安全性を高めた状態で閲覧可能にもします。

ファイル無害化とは

インターネット経由で受け取った、Word、Excel、PowerPoint、

そして一太郎、PDF、CAD形式のファイルからマルウェアを含むマクロプログラムを取り除き、庁内ネットワークに取り込めるようにします。

併せて、PDFファイルも生成し、安全性を高めた状態で閲覧可能にもします

ケース1:パソコンにサニタイザーを導入

もっともシンプルなパターンです。

インターネットパソコンにそれぞれサニタイザーをセットアップし、

ファイルの無害化を行った後に、外部メディア経由で

庁内にファイルを取りこみます。

ケース1:パソコンにサニタイザーを導入

もっともシンプルなパターンです。

インターネットパソコンにそれぞれサニタイザーをセットアップし、ファイルの無害化を行った後に、外部メディア経由で庁内にファイルを取りこみます。

ケース1:パソコンにサニタイザーを導入

もっともシンプルなパターンです。

インターネットパソコンにそれぞれサニタイザーをセットアップし、

ファイルの無害化を行った後に、外部メディア経由で

庁内にファイルを取りこみます。

ケース2:インターネット系ネットワーク上に

サニタイザーを導入

インターネット系ネットワーク上にサーバを立てて、その上で

サニタイザーを導入するパターンです。

つまり「無害化機能を共有する」イメージです。

無害化後のファイルは外部メディア経由で

庁内に取りこみます。

ケース2:インターネット系ネットワーク上に

サニタイザーを導入

インターネット系ネットワーク上にサーバを立てて、その上でサニタイザーを導入するパターンです。

つまり「無害化機能を共有する」イメージです。

無害化後のファイルは外部メディア経由で庁内に取りこみます。

ケース2:インターネット系ネットワーク上に

サニタイザーを導入

インターネット系ネットワーク上にサーバを立てて、その上で

サニタイザーを導入するパターンです。

つまり「無害化機能を共有する」イメージです。

無害化後のファイルは外部メディア経由で

庁内に取りこみます。

ケース3:ネットワークの中継点に

サニタイザーを導入

これが標準的な導入パターンだと思います。

サニタイザーをネットワーク中継点に導入し、

無害化処理をしながらファイルを庁内に

取りこみます。

ケース3:ネットワークの中継点に

サニタイザーを導入

これが標準的な導入パターンだと思います。

サニタイザーをネットワーク中継点に導入し、無害化処理をしながらファイルを庁内に取りこみます。

ケース3:ネットワークの中継点に

サニタイザーを導入

これが標準的な導入パターンだと思います。

サニタイザーをネットワーク中継点に導入し、無害化処理をしながらファイルを庁内に取りこみます。

応用編:パソコンの指定フォルダと

サニタイザーを同期、自動的に無害化処理

わざわざWebインターフェースを起動しなくても、

あらかじめフォルダ同期設定してあれば、

無害化処理とファイル受け渡しを

自動的にやってくれます。

 

他社製品にはない、便利な機能です。

応用編:パソコンの指定フォルダと

サニタイザーを同期、自動的に無害化処理

わざわざWebインターフェースを起動しなくても、あらかじめフォルダ同期設定してあれば、無害化処理とファイル受け渡しを自動的にやってくれます。

他社製品にはない、便利な機能です。

応用編:パソコンの指定フォルダと

サニタイザーを同期、自動的に無害化処理

わざわざWebインターフェースを起動しなくても、あらかじめフォルダ同期設定してあれば、無害化処理とファイル受け渡しを自動的にやってくれます。

 

他社製品にはない、便利な機能です。

フォルダ同期の動作イメージ

サニタイザーを使ったフォルダ同期の様子をご覧いただけます。

フォルダ同期の動作イメージ

サニタイザーを使ったフォルダ同期の様子をご覧いただけます。

フォルダ同期の動作イメージ

サニタイザーを使ったフォルダ同期の様子をご覧いただけます。

ケース4:FileZenやProselfと

サニタイザーの組み合わせ(その1)

FileZenを導入していて、ファイルの無害化処理をしたい場合のパターンです。

「無害化」は庁内へのファイルの取りこみの際に

必要な処理です。

一方、外部へのファイルの公開は上長承認など、

事前チェックしたい場合があります。

そこで、これらを組み合わせて運用します。

ケース4:FileZenやProselfと

サニタイザーの組み合わせ(その1)

FileZenを導入していて、ファイルの無害化処理をしたい場合のパターンです。

「無害化」は庁内へのファイルの取りこみの際に必要な処理です。

一方、外部へのファイルの公開は上長承認など、事前チェックしたい場合があります。

そこで、これらを組み合わせて運用します。

ケース4:FileZenやProselfと

サニタイザーの組み合わせ(その1)

FileZenを導入していて、ファイルの無害化処理をしたい場合のパターンです。

「無害化」は庁内へのファイルの取りこみの際に必要な処理です。

一方、外部へのファイルの公開は上長承認など、事前チェックしたい場合があります。

そこで、これらを組み合わせて運用します。

ケース4:FileZenやProselfと

サニタイザーの組み合わせ(その2)

FileZenやProselfとサニタイザーを内部で連携して、

ファイル受け渡しのタイミングで無害化処理を

おこなうパターンも考えられます。

ケース4:FileZenやProselfと

サニタイザーの組み合わせ(その2)

FileZenやProselfとサニタイザーを内部で連携して、ファイル受け渡しのタイミングで無害化処理をおこなうパターンも考えられます。

現在、この連携処理機能を開発中です。

ケース4:FileZenやProselfと

サニタイザーの組み合わせ(その2)

FileZenやProselfとサニタイザーを内部で連携して、

ファイル受け渡しのタイミングで無害化処理を

おこなうパターンも考えられます。

現在、この連携処理機能を開発中です。

FileZenとの連携イメージ

サニタイザーとFileZenとの連携の様子をご覧いただけます。

FileZenとの連携イメージ

サニタイザーとFileZenとの連携の様子をご覧いただけます。

FileZenとの連携イメージ

サニタイザーとFileZenとの連携の様子をご覧いただけます。

お問い合わせ

サニタイザーについてのお問い合わせは下記のメールアドレスに

お送りくださいますようお願いいたします。

技術的な質問、サポート費用に関する質問等、遠慮なくどうぞ。

 

sanitizer.japan[at]gmail.com

(担当:川口)

お問い合わせ

サニタイザーについてのお問い合わせは下記のメールアドレスに

お送りくださいますようお願いいたします。

技術的な質問、サポート費用に関する質問等、遠慮なくどうぞ。

 

sanitizer.japan[at]gmail.com

(担当:川口)

お問い合わせ

サニタイザーについてのお問い合わせは下記のメールアドレスに

お送りくださいますようお願いいたします。

技術的な質問、サポート費用に関する質問等、遠慮なくどうぞ。

 

sanitizer.japan[at]gmail.com

(担当:川口)