「マネー・ボール」の読み方(サイバー大学 書評リレー)

Book Review Contribution University

2011年にブラッド・ピット主演で映画にもなった「マネー・ボール」である。ブラッドがこの話の映画化権を得たとの報道を聞いた時、果たしてどんな映画に仕上がるのか、そしていくつものエピソードで語られるマネー・ボールをどのような切り口で語るのか興味津々だった。

映画が選んだ切り口は、ブラッドが扮するビリー・ビーンの挫折とオークランド・アスレチックスのGMとして、選手をチェスの駒のように操る姿、そして気性の荒さだけが印象に残る、どちらかと言うとしょっぱい人間ドラマだった。

ところが実のところ、本書「マネー・ボール」の中には人間ドラマの要素はそれほど多くない。いや、むしろ数少ないだろう。いやいや、ほとんど無いと言ってもいい。どちらかというと、メジャーリーグを全く新しい視点で捉え、球団経営を成り立たせる経過を記した、ビジネスドキュメンタリーとして読むのが正しい読み方だ。

そう、本書のテーマは「新しい視点の発見と実践」なのだ。

アスレチックスが掲げるゴールはシンプルだ。試合に勝利することである。このシンプルなゴールに沿って様々な事柄が形作られている。野球の試合において、勝利に貢献する要素が何かを徹底的に考え、ごくシンプルな法則性を発見したビリーとアナリストのポール・デポデスタは、これらを実践するためあらゆる策を講じていく。緻密に、時には大胆に、そして非情に。全ては試合に勝つために。そして、市場価値が低いとされている選手をどの球団も欲しがるスター選手に化けさせて、高く売り払うためだ。

断っておくが、ビリーやアスレチックスの取り組みは、メジャーリーグをとてもつまらなくさせているのかもしれない。スター選手はいない、選手がどんどん入れ替わる、スーパープレイも見ることがない、盗塁すらない。それでもプレーオフには勝ち上がってくる。これほど応援しづらいチームも無い。メジャーの他の球団がアスレチックス化したら、もうメジャーの試合を見続けられる自信がない。それぐらいルールの違う試合をしているのだ。選手も、球団も。

学者として、ビジネス分野の担当教員としてオススメなのは第4章。野球を統計的な視点で捉える「セイバーメトリクス」の生みの親であるビル・ジェイムズのエピソードだ。彼は野球を面白く見るためにセイバーメトリクスの世界を開拓した。その後、彼の理論がビリーたちに受け継がれて進化した結果、野球の面白さはどのように変化していったのだろうか。そう考えてみると、興味深いエピソードでもある。

そう言えば、2011年には松井秀喜がアスレチックスに在籍していたんだった。松井の目にはビリーやアスレチックスの「マネー・ボール」はどのように映ったのだろう。こちらも興味深いところである。

マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 著者: マイケル・ルイス(中山宥 訳)
  • 文庫: 462ページ
  • 出版社: 早川書房; 完全版 (2013/4/10)

付記:
2012年3月に行われた、ビリー・ビーンのインタビュー記事が興味深い。
(誠 Style)
http://bizmakoto.jp/style/articles/1203/28/news044.html

 


« »