この章では、競争圧力のひとつである新規参入の脅威について学んでいきます。
イメージしやすいように事例を交えながら解説していきましょう。

業界の中の市場規模が急激に拡大しないのならば、業界内に企業が増えることで顧客の取り合いになりますので、競争圧力が高くなります。
そこで自社を含む既存業者は新規参入を阻むべく工夫します。今回は参入障壁既存業者の報復という二つの工夫をご紹介しましょう。

どのような要素が参入障壁になりえるのかについて考えてみましょう。このスライドでは二つ挙げておきました。規模の経済はコストの面から見た参入障壁です。一般的に大量生産は製品ひとつあたりのコストを下げます。また、製品の差別化の面から見た参入障壁も考えられます。このあたり、3つの基本戦略との関連に気付いた方もいらっしゃるでしょう。

コスト、差別化以外の視点での参入障壁も考えられます。参入するために特別な設備が必要となると、簡単に参入できません。また、販路の確保も必要です。新規参入した製品を使うために顧客が負担するコストのことをスイッチングコストと言いますが、スイッチングコスト以上の価値がなければ製品の切り換えは発生しないでしょう。

一見して参入障壁に見えないものもあります。暗黙知と呼ばれるノウハウ、経験などにより参入が阻まれることがあります。権利化した特許も参入障壁になりえるでしょう。そもそも政府の政策による規制もあります。電力会社などは地域独占であり、新規参入が難しいとされています(少しずつ規制は緩和されていますが)。

ポーターは経験が参入障壁になりえることを指摘しています。もちろん例外もあるでしょう。経験は従来技術の延長線上にありますが、それと全く異なる観点でイノベーション(技術革新)が起こった場合は経験による参入障壁が破られる可能性があります。

新規参入業者を阻むものとして既存業者の報復があります。変な名称ですが、このような固有名詞だと思ってください。参入障壁を飛び越えて業界に入ってくる企業に対し、値引き、販売促進、流通コントロールなど、新規参入する製品の魅力を打ち消すような手段が用いられます。
 

一般的に既存業者の報復を行うにもそれなりの資源が必要となります。既存業者の余力が大きい業界への参入はその方法をよく検討する必要があります。また、業界の市場規模が拡大傾向にある段階ならば新規参入は比較的容易であると考えられます。
 

第3章のまとめです。
この章では新規参入の脅威について学びました。
特に参入障壁既存業者の報復について、その仕組みを理解することができました。

 

ポーターの競争戦略論の解説本というものがあります。この講義の予習・復習として読むと理解が進むと思います。いくつかご紹介します。(書籍の画像をクリックするとAmazonのサイトへ行きます)